カテゴリー
住宅リペア

エアコンの水漏れの原因はドレンホース?修理は自分でDIY

夏場になるとフル稼働のエアコンですが、本体から水漏れが起きることがあります。ほとんどの場合「ドレンホース」が原因だと言われていますが、ドレンホースとは何なのか?修理の方法についてもご紹介します。

エアコンの水漏れの原因は?

  • ドレンホースの排水不良
  • フィルターの汚れ
  • 本体が傾いている
  • 外気・気候の影響

このようなものが挙げられます。それぞれの対処法についてまとめていきます。

ドレンホースの排水不良

ドレンホースは室内機の内部で発生した結露水を屋外に排出するためのもので、室外機近くにあるジャバラ状の細いホースのことです。

ドレンホース内部にゴミがつまったり、害虫が侵入したりする場合があり、ドレンホースの結露水が正常に排出できていないと、エアコン部分で水漏れが起きてしまいます。

また、ドレンホースの先に水溜りがあったり、ドレンホースの先端が曲がっていたりしてもエアコンの水漏れの原因になります。ドレンホースの先端は、地面から5~10cm以上離れている状態が適切と言われているため、地面から浮かせるようにしましょう。


フィルターの汚れ

フィルターに汚れが溜まっていると、結露が多く発生し、排水ができず水漏れが起こることがあります。

取り出したフィルターの表面から掃除機をかけてホコリを吸い取り、裏面からシャワーを当てて洗い流すだけで、フィルターの汚れを取ることができます。

ドレンホースの点検をしつつ、フィルター掃除をしてみましょう。

本体が傾いている

エアコンは水がドレンパンへピンポイントで落ちるように水平器を用いて設置します。しかし、設置不良によりエアコン本体が傾いてしまうと、水がドレンパンに落ちづらくなり、ドレンパンに水が溜まったとしてもあふれ出てしまう可能性があります。

エアコンが傾いていないかを確認し、エアコンの裏に段ボールやタオルを挟んでエアコンをまっすぐにすると水漏れがおさまる場合があります。

外気・気候の影響

室外機がエアコン本体よりも高く設置されていると、雨水が侵入し水漏れを起こします。エアコン本体と室外機を繋ぐ配管は雨風や紫外線からのダメージを防ぐためテープによって保護されていますが、雨風や紫外線の影響によりテープが劣化する場合があります。

劣化したテープの内側に雨水が侵入し、配管を伝ってエアコン本体へと水が流れ、最終的に水漏れを起こしてしまうことがあります。

テープの張り替えを検討しましょう。


賃貸でエアコンの水漏れが起きたら

賃貸物件で備え付けのエアコンから水漏れが発生してしまった場合は、大家さんや管理会社に連絡しましょう。借主がわざと壊した場合でない限り、修理代は貸主負担になるという場合が大半です。契約内容を確認しましょう。

放置して水漏れがひどくなってしまうと、最初の水漏れの原因が自分でなくても、修理費用を負担しなければならない場合があります。

自分で応急処置をしても水漏れが止まらない場合は早めの相談を検討しましょう。

【まとめ】エアコンの水漏れの原因はドレンホース?修理は自分でDIY

エアコンの水漏れの原因はドレンホースということがわかりました。まずはドレンホースの詰まりや周辺環境を整えましょう。

こんな記事も

「エアコンの水漏れの原因はドレンホース?修理は自分でDIY」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です