カテゴリー
住宅リペア

クラックとは?建築物やアスファルトで起こる原因と修繕方法

壁や玄関、道路などで起こる「クラック」その原因を知ることで、事前に対策できる場合があります。本記事では修繕のタイミングや修繕方法をまとめました。

クラックとは?

「クラック(crack)」とは、裂け目、割れ目という意味の英語です。

建物の外壁や内壁、基礎にできるひび割れや亀裂のことを指します。アスファルトやモルタル、コンクリートは、乾燥して収縮するため、クラックが発生しやすいです。

クラックを放置していると、雨水の浸水やそこからカビの発生などで外壁が侵食されたりしてしまいます。早めの対処をしましょう。

クラックの種類

ヘアクラック

クラックの幅(太さ)が0.3mm以下のもの。髪の毛ほどの細さのひびです。

クラッキング・構造クラック

設計・施工上の欠陥によって構造内部から生じたひび割れです。

クラックが発生する原因とは

クラックが発生する原因には、施工上の要因と外的要因があります。

材料の馴染みが悪い

壁やコンクリートの材料に不純物が混入したり、乾いてしまった部分に再度塗ってしまったりすると、馴染みが悪くてクラックを発生させることになってしまいます。また、塩化ビニール系素材とモルタルなどのような、馴染みの相性が悪い材料を使った場合も同様です。

乾燥

モルタルやコンクリートなど水を使う外壁材が乾燥してクラックを発生させることがあります。また、塗膜(塗料が乾燥して固まり、膜状になったもの)の乾燥が進んでクラックを発生させることもあります。

経年劣化

コーキングやシーリング材、外壁塗料が、紫外線によって劣化することでクラックが発生します。また、窓枠の四隅や、広い壁面、柱と壁の接合部などは経年劣化でクラックが発生しやすい場所です。

揺れや重み

地震の揺れや気象の寒暖の変化、過重地震などによって力が加わり、コンクリートやモルタル、タイルなどの外壁材が耐えきれない場合にクラックが発生します。

クラックの発生を防ぐ方法とは

クラックの発生はコンクリートやモルタル、アスファルトであれば下地の網の張り方を工夫することで防ぐことができます。

また、DIYであれば材料の相性を考えた施工をしたり材料が不均一にならないよう気を付けましょう。

施工後のクラックを防ぐ方法は、定期的に点検や再塗装を検討することです。経年劣化や地震などは防ぎようがない場合がほとんどです。大きなクラックにならないよう、定期的に点検することをおすすめします。

クラックの修繕方法とは

エキポシ樹脂を使ってクラックを補修します。エキポシ樹脂は硬化による収縮が少なく、長期間持たせることが可能です。モルタル外壁とサイディング外壁の場合は、コーキングを使用して補修を行います。



【まとめ】クラックとは?建築物やアスファルトで起こる原因と修繕方法

クラックの原因や種類、対策方法がわかりました。経年劣化や地震などが原因だと事前に防止するのが難しいですが、点検や修繕をこまめに行うようにしましょう。

こんな記事も

「クラックとは?建築物やアスファルトで起こる原因と修繕方法」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です